ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




by GRD2 新宿


少し前の話になるけれど、ぼくの好きな写真家を複数の第三者が論じた本を
購入した。こー言えば、知ってる人はどの本のコトか分かると思う。
どんなことが書いてあるのかと少し期待をしながらページをめくったのだが、
最初の1人目の論評を読み終えた瞬間に本を閉じた。
内容が個人的にはつまらなかったと言うのが理由の1つであるけれど、写真
を言葉で表現するのはとても難しいモノだと再度確認できたからだ。

写真に対する考え方は人それぞれだから、このような論評本を楽しく読む人
もいるとは思うのだが、個人的には写真は見た人が自由に感じるモノであって
それを公にどーのこーのと言うのは、少し違うのではないかと思っている。

それは、何も写真家の論評だけに留まらず、写真を撮る際に機材がどーのと
か、あーだーこーだ言うのもぼくは嫌いである。
つまり、写真なんて写ればなんでも良いと思うし、どんなモノで撮られた写真
であっても、その写真を見た時に何を感じるかどうかが大切なのであって、
取って付けたような話は写真の価値を高めるどころか、却って写真にバイアス
をかけてしまうのではないかと思うのだ。

と、書いたところで少し話が矛盾してしまうが、全ての論評が無駄だと言うワ
ケではない。それは、写真家本人が自分の写真や写真観に対して言葉にし
たモノは「なるほどな、この写真家はこういう思いで撮っているのだな」と分か
るので、自分の写真への参考になったりもする。
また、第三者であっても的を得た評論をする人も少しはいると思う。
例えば、アラーキーが森山さんを評したりする言葉には説得力があるように
感じる。それは、森山さんもアラーキーもアプローチの仕方は違っていても、
根本の部分では共通している部分があると感じられるからだ。

機材に関しても、ライカやカールツァイスレンズは確かに優秀でとっても良い
描写をするレンズだと思う。そして、スナップをするならば、一眼よりもGRの
ようなコンパクトカメラが適しているとは思う。
ただ、機材の話は「その機材が何に向いているか」程度の話で十分だと思う
し、それ以上のウンチクは、それだけのモノを撮っている人が言えるセリフだ
と思うのだ。

そんなワケでぼくは写真論なんてぶっ飛ばすくらいの写真を撮りたいと思うのだ。



スポンサーサイト





ぼかぁあの日東京からの新幹線の中、
18歳のオンナノコに写真とはどういうもんか なんて
延々と話しておりました

それこそ
「高い機材より合う機材を」とかなんとか

でもヒジョーになんつーか自己認識できたというか
そういう点で色々質問してきたあの娘に感謝です

ていうかそんなこと吹っ飛ばして
キャワイイオンナノコと2時間向かい合ってたってだけで
もう最高だったんですけどね(笑)
【2008/06/09 22:49】 URL | 七 #-[ 編集]

合成かと思うくらい面白い写真になってますね。
切り取り方がいいんだなぁ、きっと。

写真論をぶっ飛ばせってこと自体がまた写真論になってしまうという矛盾を孕んでしまいますよね。
うーん、難しい。
考えることも大事だし、考えないことも大事。
僕にもそのへんの切り替えやバランスはよくわかりませんが、迷ったときには猪木の「バカになれ!」を思い出すようにしています。

【2008/06/09 23:05】 URL | yo-scherzo #-[ 編集]

>七ちゃん。

写真を知らない人(もっぱら記念写真くらいしか撮らない
ようなレベルの人)に説明するのはアリだと思うんだよ
ね。機材のことに関しても。もちろん、分からないワケだ
からさ。でも、こういう機種があって、これはこういうのに
向いてるよ。とかそういうのは必要かなと。
でも、逆に「なんで写真撮ってるんですか?」って真顔で
聞かれると結構困るときもあるんだけどさ(笑)

しっかし、新幹線に乗ってると思ってメールしたのに、
返事が遅かったのは、その18歳のキャワイイ女の子と
向かい合ってたからだったとは知らなかったぜい(笑)
どーせなら、写メして送ってくれたら良かったのに(違)
【2008/06/09 23:27】 URL | れん。 #-[ 編集]

>yo-scherzoさん。

合成じゃないですよ(笑)、コントラストはイジってますけ
ど。ちなみに、ここのカットで5枚くらい切ってます。

どこまでが写真論なのかって言う話になるし、それを
言い出すと水掛け論になるので難しいところだけど、
写真ってそもそも言葉で表現や解説するもんじゃないと
言うのがぼくの原点でもあります。

見た人が見た人の数だけ色々と感じてくれて良いと思う
し、その中には良いと思う人も悪いと思う人もいてくれて
いいと思うのです。

更に言えば、ぼくのようなレベルで、写真論なんておこが
ましいというか、何やってんだよ。って気持ちもあるので、
そんなことを言うヒマがあったら撮れよ。ってのが今の
率直な気持ちです。

写真なんて撮ってる自分だって、何なのか良く分かって
ないんだからさ、実際のトコロ。
それが分かったら、それこそ「写真よ、さようなら」
ですよ(笑)
【2008/06/09 23:32】 URL | れん。 #-[ 編集]

写真論って自分の胸の内に秘めとくべきというか、
己の支えとして持つべきモノじゃないかと思いますね。
他者に論じるのはみっともない。

写真家はあくまで写真で語るべきでしょう。
【2008/06/10 00:05】 URL | to-fu #-[ 編集]

>豆腐。

すっかりレスを忘れてた(笑)スマン。
そーなんだよね、なんつーか、自分が分かってればイイ
じゃんって感じがするんだよなぁ。
っていうか、写真論云々よりも、それが言える裏づけがあ
るのかい。ってことも気になるし。
言いたいことは写真で言う。というスタイルが一番だと思
うし、いつもそーありたいと思うよ、ホント。
【2008/06/13 00:14】 URL | れん。 #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 Relax., All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。