ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




by GRD2 恵比寿

昨日、TVが面白くないと書いた。前言を翻すようで申し訳ないけれど、少しは
楽しみにしている番組もある。
それは「アド街ック天国」だ。

いわずと知れたテレ東の看板番組だけど、これが結構好きなのである。
ちなみに今日の放送は「京成立石」だった。
オトナになって、仕事でもプライベートでも全国各地色々なところに行けるように
なったし、実際に色々行って結構詳しくなった。
東京でも、大抵の場所は分かるし地方から来る友人だって案内できる。
しかし、東京でもまだまだ訪れたことがない街もあるのだ。

今日の放送の「京成立石」もそんな場所の一つだ。
東京と言えば、どうしても銀座・新宿・渋谷などの大きな都市に目が行って
しまう。こういう昭和の香りが残るダウンタンはどちらかと言うと苦手なのだ。
アド街を見ていると、あ~こんな場所だったんだ~と思うことが多いし、撮って
みたいなと思う街もまだまだある。

京成立石はまだ歩いたことのない街だけど、番組を見ていて行きたくなった。
きっと、放映直後は人も多くなると思うので、少しほとぼりが冷めたころにゆ
っくり歩いて撮ってみたいと思う。

何も遠くまで行かなくてもまだまだ歩いて撮りたいと思う場所は身近にもある
のだ。



スポンサーサイト



by GRD2 大宮

最近は比較的時間があるので、以前には見なかったTVを良く見るように
なった。まぁ、時間があるなら、フィルム整理でもしろ。って話なんだけど、
時間があればあったで、なかなかやらないモノなのだ。
フィルム整理は、他にやらないといけないことがある時に現実逃避的に
やるのが一番良いと思う。

と、話が少しズレてしまったけれど、とにかくTVを見るようになった。
特にお笑い番組なんかはくだらないな~と思いながらダラダラ見てしまう。
しかも、あんまり笑ってない。つーか、面白いと思う芸人さんが少ない。
まーそれでも暇なんで見てしまうんだけど。

ドラマも見るようになった。つっても、「チェンジ」だけね、キムタクの。
キムタクはどーでもいいんだけど、政治モノだったので見てみた。
ストーリーは確かにちょっと面白いかもしれないけれど、ドラマの端々に
う~~~~~~んと首を捻ってしまうようなコトがあってちょっと残念。
もうちょっと見てみようかなとは思うんだけどね。これからの展開に期待。

でも、昔はTVっ子だったけれど、最近はオトナになったのかそれともTVが
つまらなくなったのか分からないけれど、やっぱりあんまり興味出ないなぁ。
ゆっくり自宅で好きな映画とか見てる方がずっといいなと思ってしまう。
好きな映画とかは結構繰り返し見てしまう。良く自分でも飽きないなと思う
のだけど(笑)

最近映画館でも映画を見てないのでそろそろ見たいね。
三谷さんの新作も始まるし。でも、その時間もないんだよね~。それが
一番のネックかも。








by GRD2 大宮


以前にも書いたけれど、「街の中の全てを撮る」と言っても実際に目にした全て
を撮っているわけじゃない。
街を歩いていて、一瞬「おっ」と思っていても撮るべきじゃないと思えばシャッター
は切らない。「何がそれに当たるのか」と言われても言葉で説明するのは難しい。
簡単に言えば、見られたくないモノや、撮らなくても良いと思われる場面だ。
敢えて言うならば、何度もそんな場面に出くわして、体で覚えて瞬間的に判断し
ている。そんな感じだ。

それは、ぼくのポリシーでもあるし、美学と言っても良いかもしれない。
他にも美学と呼ぶには大袈裟だけれど、思うところはある。
それは、ベストを尽くすことと、引き際を考えること。一見矛盾するように思える
けれど、このバランスが難しい。
特にぼくは飽きっぽい性格だから、ベストを尽くすとか諦めないということは結構
苦手なのだ。

しかし、ぼくもいい大人だしそんなことも言ってられない。やるときはやらねば
ならないし、それは当然のことでもある。
そして、写真についてはやはりその時々のベストを尽くしたいと思う。
この思いがなくなったら、ぼくの写真には意味なんて何もないだろう。

美学なんて言葉にすれば、その瞬間から陳腐なものに成り下がってしまうけ
れど、たまには自分の為にこうして頭に叩き込むことも必要なんだ。

「撮りたいモノは全て撮れ。それがパンクだ」と言う言葉は、ハービー山口さん
がジョー・ストラマーに言われたそうだ。そして、森山さんも目に写る全てを切り
取る写真家だ。いずれも美学だと思う。

ぼくも自分の美学に忠実に、そして大切にしていきたいと思うのだ。







by GRD2 恵比寿

新宿コマ劇場が12月で閉館するらしい。通称コマ劇。
ぼくはコマ劇で芝居などは見たことがないけれど、新宿の歌舞伎町のランドマー
クだ。

今年の写真展「坩堝」の為に新宿を撮影した際にも何枚もコマ劇が写り込んでい
る写真を撮った。そんな見慣れた建物がまた一つなくなっていくのは仕方がないと
思う反面、やはり寂しい。写真に収めておいて良かったなと思う。
また、時間を見つけて12月までの間にコマ劇周辺も撮ってみたい。

その時々の街の様子をカメラに収めていくのも、スナッパーの大きな役割の1つだ
と感じる。いや、それほどの大義を意識していなくても、スナップをしていくとその年
代の街の風俗が写り込んでいく。
それは、時に絶妙な味付けとなり、写真に深みを与えていくことにも繋がる。
敢えて意気込んで、「消え行く変わり行く街をカメラに収めよう」と思わなくても、自
然とそれがなされているのだ。

自分の撮った写真が結果的に、時代の流れを写す眼になっていたとしたらそれは
また楽しく良いことだなと思うのだ。







by GR-1s 有楽町

人気のクリスピードーナツも、こうやって見ると、軍需産業工場のように見える。
う~む。なんでもモノクロにすりゃいいってもんじゃないな。


趣味と言えば、色々なものがあるけれど、写真をやっていて良かったなと最近
特に思う。
ボクの趣味は、写真の他には、スキーにボウリング、映画に音楽とか色々ある
のだけど、カタチとして残る写真っていいなと思うのだ。

もちろん、スキーだってボウリングだって他の趣味も、楽しいし良いと思うのだけ
ど、写真は自分の軌跡が残っていくからね。絵画や彫刻なんかの造形の趣味も
同じだと思うけれど、作品が残るというのはいいなぁ~と思うのだ。
特に写真は、自分の見たモノや歩いた道がそのまま残るワケで、まさに自分の
眼の分身だとも言える。そして、それが何年も残っていくのだ。

そう考えると、もっともっと撮りたいなと思う。自分が何を見て、何を感じたのか。
人から見たらつまらない写真であっても、そこに感じたモノがあるならば、ドンドン
撮って行きたい。
少し大げさな物言いかもしれないが、まさにソウルがそこにはあると思うからだ。

もっとも普段からソウルなんてコトを意識して、撮っているわけじゃないし、まして
口に出しているわけではないけれど、写された写真に少しでも魂が入ってるとい
いなと思うのだ。

カラー写真でもデジタルでもフィルムでもなんでもいいから、そんな写真を見ること
が出来たら幸せだし、そんな思いで写真を撮りたいと思う。

そこに魂はあるか?







by GRD2 大宮


もっと貪欲にもっとめいいっぱい、色々なモノを見てできるだけ多く吸収して、
攻めて行きたいと思う。

ウダウダ言ってる暇があるならば、気合入れて撮れ。
撮らないと撮れないじゃ、天と地ほどの違いだ。

やる気があるなら、行動で示せ。
限界を見せてみろ。
まずはそこからだ。







by GR-1s 横浜


 つくづく思うのは、ぼくは詩人にはなれないなと言うこと。
 どーしてもコラム的、エッセー的な文章になってしまう。
 短いセンテンスに気持ちを乗せるなんて器用なことは出来ない。

 思えば、小学校の卒業アルバムに書いた「将来の夢」は「小説家になる」だった。
 他の同級生が新幹線の運転手とか、プロ野球選手とか書いていたのに比べると、
凄く地味な夢だ。
 小説家とは行かないけれど、今でもコラム的な長さの文章を書くのは嫌いじゃない。
 泉麻人さんのテイストや村上春樹さんのショートな文章は大好きだ。

 結果的に職業的物書きにはならなかったけれど、こうしてblogにダラダラと書いてい
るのも、子供のころの夢の名残なのかもしれない。
 どこかで書いてくれ。なんて話があったら(あるわきゃないのだが)、それはそれと
して楽しいかもしれないなと思う。
 でも、ネットの発達によって、ボクのような素人でも文章を書いて読んでもらえる場所
があるのだから、以前に比べればずっといい環境だよね、ホント。

 同じ「書く」ことでも、冒頭に書いたように「詩」のようなモノなんてとってもじゃないけ
れど書けない。それなら恋愛小説でも書いてくれ。って言われる方がマシだ。
 そういう意味で自分の気持ちを詩のようなカタチで表現できる人は尊敬に値する。
 どこからそんな言葉が沸いてくるのかなと思う。少しでもその能力を分けて欲しい。

 でも、「写真」って小説やコラムと言うよりは、「詩」に近いよね。
 1枚や2枚だけを見て何かを感じさせたりするコトもあるんだから。
 もちろん、何十枚も組み合わせて、それで壮大な物語に仕立てるなんてこともある
のだけど、基本的には詩的要素が強いのかなと思う。
 見た人の受け取り方も千差万別で、作者の意図とまるっきり違う解釈をする人もい
るだろうしね。そういう意味では正解がなくて面白いとさえ思う。


 言葉で紡いでいくことが苦手な分、ぼくは写真で表現をし続けているのかもしれない。
 






by GRD2 渋谷

テンプレートを変更したついでに、文字のサイズを普通にしました。老人にも優しい
blogを目指します。ってか、自分が一番見づらいのだけど。

つーことで、写真をバシバシと出そうと思うので、記事には特に意味はないのだけど
再度更新。ま、気まぐれオレンジロード更新ですヨ。ぼくは鮎川もヒカルちゃんも好き
だけどネ(結局誰でもいーのかよ)。

そーそーDS Liteを購入したんですよ。ドラクエやりたくて。
んで、ドラクエと一緒に「花と太陽と雨と」つーゲームも購入しました。今はそれをや
ってるのだけど、楽しいようで楽しくない感じで良く分かりません。
DSで面白いのあったら教えて下さい。やっぱりファミスタ買おうかな........。









by GR-1s 横浜


気分転換にblogのテンプレートを更新してみた。まぁ、しばらくはコレでいいかなと思う。
いいデザインだなと思っても写真のサイズを大きくすると、バランスが崩れたりして使え
なかったりとなかなか適当なのを探すのが大変なんだよね。

ところで、好きなんだけどなかなか食べないモノってのがある。特別高いってワケでも
ないんだけどね。
ラーメンなら、自分の好きな行き付けの店がある、広島焼きのお好み焼きの店もちゃん
とある。ハンバーグ屋も新宿の店を見つけた。
でも、ウナギの店だけはないのである。

ウナギって好きなんだけど、自分が食べに行ける範囲の場所に美味しいお店を知らない
のである。ぼくが一番美味しいと思ってるウナギ屋はなんと三重県なのだ。
だから食べたくなったからと言って、フラッと行くワケには行かない。
東京か埼玉で交通の便がそこそこ良いところで美味しいウナギ屋ないかなぁ。
銀座なら一軒あるのだけど(結構リーズナブル)、休日とかにはあんまり行かないしなぁ。
あと、登亭っていうのもあったね。チェーンで。軽く行くときにはいいけど、いい大人だから
ちょびっとだけでもシックな店ってのも知っておきたい。
出来れば、タレが満遍なくご飯に絡んでいる店。全部米粒が茶色になっているともう幸せ
なのである。
そんなウナギとキモ吸いなんてあったら、もうそれだけで幸せなのである。
上野とか御徒町とかそういうダウンタウンなところに隠れた名店とかありそうだな。

つーわけで、美味しいウナギ屋情報を持ってる人がいたら教えて下さい。
豆腐とか案外知ってそうなんだけどなぁ........(笑)








by GRD2 大宮



 今日はぼくの地元に豆腐が来てくれた。飯でも食いながら、撮り歩こうかという
話に。ぼくの地元はソコソコ栄えているので、少しくらいは撮るところもあるだろう
と思っていたのだけど、実際に歩いてみると自分の想像以上に撮れる場所だなと
痛感する。

 昨年、写真展のために随分撮った新宿もそうなんだけど、撮って撮りすぎるという
ことはないと言うか、もー撮れないと思っても、まだまだ撮れたりするものなのだ。
 どんな場所でもアンテナ張って歩いてると撮れるんだなと再確認。自分の地元を
ジックリと撮ってみるのも悪くないかなと思う1日だった。豆腐に感謝。
 豆腐と一緒に久々にウマイ広島焼きも食べることが出来たし、楽しい1日だった。
 

 ぼくはblogを更新するときに、写真に関係あることもないことも、こうして文章を付け
て更新するのだけど、そうそう毎日ネタがあるわけでもなく、最近はどーしたもんかな
と思うこともある。
 まーでも、本来ココは本家である写真サイト(もっともまとまった作品の更新はない
のだけど)の1部であるのだから写真オンリーでも更新した方がいいのかなと思った
りもする。
 
 もちろん、何か書きたいことがあれば、書くのだけど写真をメインにしているのだか
ら、写真だけでもいいかなと最近思う。それよりも1枚でも多く写真を出す方がいい
かなと思うんだよね。そんなワケで、ほとんど写真のみの更新なんてこともあると思う
のだけど、どーぞよろしく。






by GRD2 渋谷




 昨日森山大道展で買ったDVD「≒森山大道」を見た。
 森山さんのドキュメンタリーDVDなのだけど、これはなかなか貴重だった。
 プライベートな感じの映像もあるし、森山さんのシャイさとかそういうのが
見えたりね。写真から受ける印象と本人は全く違うとあるのだけど、まさに
そんな感じ。
 
 森山さんがちょうど「新宿」を作っていた時期のDVDだと思うのだけど、普段の
撮り方がぼくと同じだった。というか、GRを使う人で、スナップを撮る人は、必然
的に同じ撮影スタイルになると思うのだけど。
 
 昨日の展示を見ても思ったのだけど、やっぱり森山さんは撮る枚数が多いよね。
 それは、色々な被写体を撮ることももちろんだけど、同じ被写体を何枚も角度や
露出を変えて撮っている。これって基本だよなぁ~と改めて思う。

 しかし、森山さんの撮り方や街のふらつき方が、自分を見ているようでなんか
面白い。思わず笑ってしまった。あー人から見たら、俺もあんな風にフラフラしな
がら歩いているんだなぁ~ってね。

 街をフラフラしながら撮り続けたいなとぼくも思うのだった。






by GRD2 恵比寿



 今日から東京都写真美術館で始まった「森山大道展」に、豆腐と一緒に行って
きた。しかし、恵比寿に到着したのは良いものの、メチャクチャ寒い。雨もパラパラ
と降っていたり。ユニクロでフリースでも買おうかと思うくらい。
 写真を見終わってから撮り歩くのがちょっとしんどいだろうなぁ~と思うほどだった。

 初日だから、それなりの人出なのかな?と思いきや、いきなり貸切状態?と思え
るほど人がいない。さすが、平日。ぼくらが出るころには、ボチボチ人はいたのだけ
ど、それでも空いていると思う。土日だったら、きっと大変なことになるだろうな。
 貸切状態のせいもあって、ゆっくりと見ることが出来た。写真にくっつくほどの距離
で見ても問題ナッシング。

 中身については、ネタバレにもなるので、これから見る人の為に伏せておくけれど、
やっぱりコレ、見るべきでしょ。
 まさに森山大道の歴史そのものだった。ぼくが見たことない、昔の写真もたくさん
あったし、当時の現物の写真集なんかもあって良かった。有名なアノ写真もちゃんと
ありますよー。
 森山さんの歴史そのものだ。と書いたけれど、見ていくと本当に何を狙っているの
か、何を写したいのかがハッキリと分かる。途中苦悩してカメラを置く前と後ではハッ
キリと違っているのも分かるし、最近の写真への流れ・変化も分かる。

 まぁ、言葉でいくら書いても伝わらないので、見て感じろ。って言うのが似合うかな。

 ちなみに、森山さんグッズ、今回は色々あります。つーか、良く考えるよなぁ~って
思うモノも。ぼくはいくつか購入しました。

 例によって森山さんの写真を見ると、写欲がビンビンに刺激されるので、昼飯を食っ
てから、渋谷まで歩く。雨も幸いなことにほとんど降らず、いつものようにテクテクと歩
いて写真を撮る。
 渋谷まで出て、今度は野郎2人で道玄坂界隈をウロウロする。かなり怪しい。
 世間の皆様は仕事してるのに、いい年した男2人で道玄坂をランデヴー。イイネ。
 
 森山大道展は6月の終わりころまでやってるので、また見に行くだろうなぁ。
 土日に行かれる方は午前中が狙い目だと思います。きっと午後は人が多いです。

 いや、しかしね、実際森山さんも写真展も確かに凄いんだけど、だからって負けてら
れないのよ。マジで。






by GRD2



 明日からいよいよ森山大道写真展が始まる。最初に写真展を知った時から
丸1年待った。ぼくの中では今年1番の目玉と言っても過言ではない。
 これまでに見たことのある写真も、見たこともない写真も全てが楽しみだ。
 もちろん、写真も楽しみだけど、その見せ方と言うのも勉強になると思う。
 初日の明日、ゆっくりと見てきたいと思う。

 最近、写真をやっていて良かったなぁ~と思うことが多い。特に具体的何か
あるわけじゃないのだけど、そう感じる。写真をやってなかったらぼくの人生は
もっと違ったモノになっていたと言うのは過言ではないだろうな。
 これから先に撮るモノが変わったとしても、写真に対するスタンスは変わらな
いと思う。フィルムだってデジだってなんだっていいんだ。撮れりゃなんだって
同じ(ま、選んで良いと言われればフィルムのが好きだけど)。

 明日、森山さんの写真を見て、そんなことを再確認する日になるのだろうなと
思う。そして、終わった後は撮りたくて仕方ないなんてことになるんだろうな。
 
 





by GRD2 大宮


 午前中、まだ雨が残る中、予約した床屋に行く。段々と暑くなってくるので、
髪の毛を短くした。

 髪の毛を切り終わったら雨が上がった。午後から友人に会うので大宮に出る。
 待ち合わせまで時間があるので、例によってブックオフに行き、こち亀を少し買う。
 どこから読んでもOKだから、こち亀はいいよね。話があまり飛ばないでイイ。

 友人と合流し、昼飯を食う。休日のせいもあって結構な人が出ていた。
 それから買い物に付き合うため、アチコチをフラフラとする。
 ぼくの買い物は母の日なので、簡単なプレゼントを買うこと。それと前から気に
なっていたロールケーキを購入することだけ。

 結局、母の日のプレゼントは帽子にした。これから暑くなるからね。
 ロールケーキも自宅に戻ってから食べたら美味かった。
 食べ物が美味いというのは本当に幸せなことだ。

 さて、明日は仕事だ。んで、明後日は森山さんの写真展。これが楽しみ。
 今日はゆっくり休んで来週もなんとか乗り切って行こう。






by GR-1s 御茶ノ水



 最近良く漫画などを買うので、頻繁にブックオフに行く。
 近所のブックオフの店員さんは、ギャルメイクがキラリと光る若い女性なの
だけど、会計の時にそのコの腕をチラリと見ると、右腕にどー見ても根性焼き
だと思われる跡が4コある。なるほど、ギャルの前に色々と大変だったのだな
ぁ~と思って、今度は左腕を見ると、無数のスジが........。
 えっと、右は根性で、左はためらいですか?(笑) 
 ブックオフの店員さんもなかなか大変な人生を歩んでいるようです。

 今日はあいにくの雨。そのせいもあって自宅でゆっくりと過ごす。
 明日は朝から床屋に行こうと思うもう2ヶ月以上行ってないからね。少し
サッパリとしようと思う。
 午後からは旧友と会う。ついでに写真も撮れればいいなと思う。
 写真を撮れるというのは、自分にとっては幸せなことなのでやっぱり嬉しいし、
楽しいね。撮ってると長い時間歩いていても疲れも半減する気がする(もちろん、
後でドッと疲れは来るのだけど)。
 だから撮れるときにはたくさん撮っておきたいなと思うのだ。

 ところで、明日は母の日でしたな。せっかく外出をするので何かチョイスするのも
いいかもしんないね。でも、実際何をプレゼントすればいいのかは、悩むところなん
だけどね~。ま、何か良いものがあるでしょう、きっと。






by GR-1s 新宿


 とうとうジョジョに手を出してしまいました。でも、一番最初からだと大変なので、
スタンド登場からにしました。ぼくの精一杯の心のセーブです。でも、きっとスタンド
編終わったら全部買おうとかするんだろうな、結局。
 あ、それと「こち亀」にも再び触手を伸ばしております。これは主に100巻以降の
単行本ほせっせとブックオフなどで揃えております。これも気が長い話だね。
ってか、こんなに漫画があってどうするのだろうか?と自分でも思うのですが。

 GRDを買ったものの、フィルムの写真もまだまだあるんだよね。スキャナーで取り込
まないといけないのだけど、デジに慣れるとこれは面倒だよね、ホント。たったフィルム
2本くらいのことなのに。比較的暇があるからコツコツと暇つぶしにやっているのだけど。
 取り込みが終わったら今度はネガ整理もあるしなぁ~。いい加減やらないといけない
のだけど、こればっかりはなかなか手がつけられないのだ。ファイルを何冊か買って手
当たり次第にやるしかないのかな。

 GRDを買って思ったのだけど、GRDなんか使うとスナップがどんどん出来てしまう。
 カメラの大きさも手のひらに収まるようなサイズだし、音だって小さい(しない)。どん
どん入り込んでスナップ出来てしまう。
 確かに、スナップには向いているのだけど、だからと言って、どこまでも入り込んで
いいのかと言うとそれはちょっと違うのではないかと思う。
 自分で使っておいてなんだけど、こういうカメラが普及してしまうと、撮り手としてしっ
かりとしないと、どこまで踏み込んで行けるかというチキンレース状態になってしまう。

 スナップは、いかに危険なモノを撮るのかという競争ではない。
 そして、いかに危険な場所に入り込んで撮るのかを競うものでもない。
 もちろん、危険な箇所に入って撮るからこそ価値のある写真もある。戦場の写真は
戦場に行くことで見えてくるものがあるはずだ。
 しかし、それは撮り手に信念やポリシーがあるからこそ、チキンレースにならないの
だと思う。それを今のぼくがやったら、どこまで突っ込めるのか命知らずのチキンレー
ス以外の何者もでない。
 GRDのような良いカメラが普及するのはとっても良いことだと思うのだけど、より撮り
手の意識がしっかりしていないと、良く分からん写真が氾濫してしまううような気がする。



 
 






by GRD2 上野



 ハイ、つーことで、GRD2買いました。
 価格ドットコムだと、もう5万2000円を切る値段なのね。ビックリ。
 ぼくはビックカメラで買いました。さすがに、そこまでは値切れなかったけれど、
許容範囲内の値段まで落として買いました。

 買ったものの、待ち合わせがあったりで10枚くらいしか切ってないのだけど、
とりあえずはいい感じだね。これはISO800だけど、それほアレは目立たない感じ。
もっとも1600になると凄いんだろうけど。それはまだ試してない。
 まだまだベストセッティングを見つけてないのでしばらくはあれこれとイジって
みようかなと思う。

 でも、これ持つとフィルムのGR使わなくなるね、間違いなく。
 






by GR-1s 新宿





 GWも終わってしまえばアッという間だね。休みというのはどうしてこんなに早く
過ぎ去っていくのか、いつも不思議だ。
 GWは、豆腐と一緒に横浜を歩いた。桜木町から始まって、ぐる~~~っと一周
して最後にまた桜木町に戻るルート。万歩計を付けていれば良かったのだけど、
思いっきり忘れてた。恐らく3万歩近くは歩いていたのではないかと思われる。
 今回の横浜は色々と考えるところがある散策だった。
 今までぼくの知っている横浜と、そうでない横浜の両方を見た。
 写真ということを基本にして考えると、何を撮るべきで、何を撮らないべきなのか。
ということを考えさせるものだった。

 ぼくは普段からカメラを持ち歩いているし、一度カメラを手にすれば、全てのものを
納めていきたいと思う。スナッパーとして、その貪欲さというのは欠くことの出来ない
要素だと思う。
 しかし、どんなモノにもカメラを向けて良いのかと言えば、そんなことはないと思う。
 興味本位だけでカメラを向けて、後で後悔することだってある。そこをどう見極めて
行くのか、どれだけの覚悟を持ってカメラを握っているのかという部分は考えて行か
ないといけない部分だと思うのだ。

 ところで、いよいよぼくもデジタルを一部導入しようと思う。機種はもちろんGRD2な
んだけどね。以前から欲しかったし、豆腐が使ってるのを見てやっぱりいいなぁ~と
思うので。ただ、これ使うと本当にフィルムGRを使わなくなりそうで怖いなぁ~。
 でも、GRデジのISO1600はかなりノイズがヒドイ感じなので、1600を使うならば、
フィルムGRで良いかなと思うし、そういう使い分けをしていけば良いかなと思ったり
する。ま、何はともあれ、やっぱりGRデジ嬉しいよね。

 それと、いよいよ5月13日から東京都写真美術館で森山大道さんの大写真展が
始まる。もうこれ1年以上前から待ってたんだよね、ホント。
 初日は13日の火曜日。平日なんだけど、ボクは初日からブッ込んで行きますから。
 会期中に2~3回くらい見たいよなぁ~と思う。初日はそれなりに混雑もするのだろう
けれど、お金払って入ってしまえば、いくら見てても良いわけだしね。タップリと堪能して
きますよ。ムフフフフフ。

 





| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2008 Relax., All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。